おんな城主直虎41話のネタバレ感想!【この玄関の片隅で】

40話は、万千代の見事な草履さばきでしたね!!笑

41話では、万千代がさらなる試練がやってきます・・・!

ここでは、直虎の復習としてネタバレと感想を載せていきます!!

ネタバレを見たくない場合は、目次から感想に飛んでくださいね。

それでは、今回は、おんな城主直虎の41話【この玄関の片隅で】のネタバレ・感想を書いていきます。

おんな城主直虎41話-ネタバレ

草履番からの小姓の昇格を告げられた万千代と万福だったが、それには一つ条件があった。

康政「新しい者を手配するゆえ、その者を指南してくれ」

数日後、やって来たのは四十越えに見える冴えない風貌の男だった。

ノブ「よろしゅう、お頼もうします…」

ノブという男

万千代は戸惑った。万福と顔を見合わせた。
万千代は、まさかこんな年上が来るとは思っていなかった。

しかし、草履番に年齢は無関係である。
それは一度、鷹場であったことのある男だった。鷹匠であった。

自らを『ノブ』と名乗った。人当たりの良い万福は早速馴染んでいた。
万千代はノブに草履番の方法を仕込むが、当のノブは家臣の名前の書かれた草履札を見て感慨に浸る。

万千代はノブに、名前を覚える期限を決めさせた。

その頃、跡継ぎを失った松下から提案があった。
万千代の代わりに、中野直之の弟、直久を養子に迎えたいと言う。

後は井伊谷の現党首、近藤康用である。万千代の一件以来、「井伊谷の所領復活を狙っているのでは?」とおとわたち、旧井伊家に疑念を持っている。

また、万千代の守役を外れた六左衛門が復帰を打診してきた。
その六左衛門とおとわは康用に直久の松下への養子を願いにいった。直久を出す代わりに六左衛門をもらうという形にしたかった。

六左衛門を家臣にいれることに納得がいかない康用。
そこに康用に仕えていた高瀬が助け舟を出す。

高瀬「馬の世話がお上手にございますよ。馬にお人柄が伝わるのか…」

康用は高瀬の言葉に弱い。これで六左衛門の復帰も決まった。

浜松城では寄り合いに出ていた家臣らに万千代、万福、そしてノブが草履を手配していた。
そのノブの姿を見た家臣の一人がノブに話しかけるが、ノブは初対面のような態度を取る。

その姿に万福は奇妙なものを感じた。
万千代は、年配のノブが草履番に来たことを、自分を小姓に上げないための謀略と疑う。

深夜、一人で家臣の札を見て名を覚えるノブの姿があった。
翌朝、集まった家臣の草履が10足ほど見当が付かなくなった。

そこに本多忠勝が現れ、ノブの頭を掴む。ノブの顔を見て激怒する。刀まで抜いた。

康政が間を取り持ち、一旦は収まった。
万千代は康政はノブの素性を聞く。

康政「あやつは三河一向一揆で殿に刃を向け、挙句、他国に逃げた者じゃ…」
万千代「本多様とはのようなご縁で?」
康政「あれは本多正信という一族の者でな。本多からすれば斬って捨てたい一族の恥なのじゃ」

万千代は「もしや、殿はあそこを掃き溜めにするおつもりか?」と尋ね、康政の怒りを買ってしまう。

ノブに八つ当たりする万千代だった。ノブが草履番として一人前にならねば自身の出世も無いのだ。
そこに岡崎より、急ぎの使者が来た。

武田、再び

急報は武田軍の侵攻を告げるものだった。
信玄の後を継いだ武田勝頼は三河、遠江への進軍を開始した。

三河の長篠を勝頼は包囲した。ここを取られると徳川方は岡崎、浜松の連絡路を分断されることになる。
長篠を守る奥平氏は最近徳川に寝返った領主であり、その動向は心許無いものだった。

家康以下、忠勝、康政、鳥居忠次、石川数正、常慶らが話し合う。

井伊谷では、おとわが近藤に仕えだした六左衛門も心配していた。康用と折り合いが合わず、苦労していた。

六左衛門は彼なりに悩んでいた。それは届かぬ願いだが、六左衛門は諦めてなかった。目標があるのだが、それが実現できずに苦労していた。

浜松城では対武田の機運が高まり、若い家臣らが戦に向う話をしているのを聞いて、嫉妬で心中穏やかではない万千代がいた。

そこにまだ誰も出てきていないのに草履を並べるノブがいた。「この順番で出てくる」と自信ありげに言い放つ。
果たして、その通りになった。

万千代「おい!何をしておる!まだ誰も出てきてはおらぬではないか?」
ノブ「まあまあ、おそらくこの順で出ていらっしゃいますよ?」

その後もノブは出てくる家臣をぴったり当てた。出てくるパターンを覚えたらしい。

ノブ「私にはかようなやり方があっているようでございましてな」

万千代は驚嘆した。そして家康に呼び止められている家臣の大久保忠世に話を聞いてもらおうと試みる。
この草履番から一刻も早く抜け出したいのであった。

ノブが出てきた忠世を引き止めた。

そこで、ノブは、大久保忠世から、今度の戦で、丸太を三千本も用意するように要請されたらしいことを聞き出す。

丸太を求めて

その夜、万千代は家康の寝所近くに忍び込み、家康の草履の鼻緒を切り、翌朝にそこに新しい草履を斎出すことで家康の心証を良くした。

だが、そのことを家康は見抜いていた。

家康「鼻緒はそなたが予め切ったであろう」
万千代「お戯れを…」

だが家康の眼前では嘘は付けない。
万千代は伏して家康に願い出る。

万千代「お許しくださいませ!こうでもせねばお側に近寄ることもできませぬゆえ…お話したいことがございまして」

万千代は、井伊が以前、材木を扱っていたことを告げ、その手配を申し出る。

家康「…で、そなたの望みは?」
万千代「初陣を飾らせていただければ、と!」

それが狙いであった。
材木が調達できれば、万千代の初陣は約束された。
気色ばむ万千代。

井伊に調達をおとわに願ってきた。初陣で手柄を上げ、一目置かれるのが目的であった。
その書状をと読んで少し複雑なおとわであった。万千代の出世は嬉しい。しかし、戦場に向わせるのは、つらい。
しかも、どうやって木を集めるか。

井伊谷は、今は近藤の所領である。勝手に切り出すことを許されない。

おとわ「…わたしは近藤殿への言い訳を考えます」

そこに薬の行商帰りの方久が来た。

万千代「これで俺の出世も間違い無しじゃ!」

その姿に危うさと、他の家臣との兼ね合いに康政は心配する。
そこに方久がやってきた。あの堀川城以来である。方久は差し入れた刺繍の布におとわからの手紙を隠し渡した。

方久「…是非、お改めを」

それは、材木の調達を井伊の頼む万千代の驕りを叱責させるように願う手紙だった。

家康「なんとも奇妙な話じゃ。井伊が井伊の者の手柄を潰すというのか?」

そこで、方久は家康に事情を説明するのであった。

調達の命は改めて、近藤に命じられた。
康用はその命を受け、おとわ相談し、おとわは六左衛門を推薦する。

おとわ「切り出しから運送、人足の手配までその全てを引き受けておりましたよ」

こうして万千代の出世は無くなった。

万千代「あの話は無し、とは?」
家康「すまぬが、此度はさようなことでな…」

引き下がられない万千代に家康は留守居役を命じた。意気消沈する万千代。

万千代「あの!腐れ尼じゃ!」

また怒り狂う万千代を諌める万福だった。
井伊谷の山では六左衛門が張り切って材木の切り出しを行っていた。

こうして材木を得た徳川勢は長篠に向って行くのであった。

おんな城主直虎41話-感想

誰が来るのかと思ったら、まさかのあの鷹匠!!
鷹匠は辞めたのかな?

ノブがどうなるかと思いきや、急に活躍し始めましたね(笑)
まさか来る順番まで覚えるとは・・・!

それにしても、万千代は大胆なことをしますね~!
そういうところが、家康に気に入られてるのかなw

おとわはいい感じにおばさん感が出てますねww
柴咲コウの万能っぷりは凄い・・・!
直虎時代はバリバリの凄みだったのに、おとわに戻るとオーラ消すもんなぁ。

万千代の今後の活躍が楽しみ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です