おんな城主直虎28話のネタバレ感想!【死の帳面】

27話は、気賀問題が見事解決しましたね!

28話では、大方様の体調が悪くなり、恐ろしい帳面も付け始めます…。

ここでは、直虎の復習としてネタバレと感想を載せていきます!!

ネタバレを見たくない場合は、目次から感想に飛んでくださいね。

それでは、今回は、おんな城主直虎の28話【死の帳面】のネタバレ・感想を書いていきます。

おんな城主直虎28話-ネタバレ

話は少し遡る。
氏真の妹、鈴は、同盟の証として武田信玄の嫡男であった義信に嫁いでいた。

しかし、その義信が謀反のかどで自害に追い込まれると、鈴はそのまま甲斐に留め置かれていた。
その引取りに、寿桂尼が動いた。

自ら甲府に赴き、信玄と鈴の返還を直談判した。
寿桂尼自身の来訪に驚く信玄であった。寿桂尼本人がわざわざ足を運んだのであるから、その申し出を断ることは出来なかった。

さらに、氏真の妻、春の実家、北条家に武田家との間に入って、仲裁をしてもらいうように願い出る。
老齢とは思えぬ働きっぷりであった。

寿桂尼、再び倒れる。

この寿桂尼の奮闘により、鈴は今川家に戻り、武田との仲も一旦は収まった。
さらに越後の上杉とも手を結ぼうと画策し、、あた寿桂尼自ら赴こうとした。

その矢先、寿桂尼は倒れてしまった。

その頃、堀川城では直虎が井伊の家臣らと、落成の宴を開いていた。
その場で、直虎は方久をこの城の城代を任すことを発表した。

そこに龍雲党も姿を見せた。龍雲丸の姿に見とれる直虎。

数日が過ぎた。
龍潭寺で、直虎と政次が碁を打ちながら気賀の情勢を話し合う。

そんな中、今川の大方様(寿桂尼)の具合が良くないことを政次が話す。

今の今川の実質的な運営者は寿桂尼であり、彼女の存在で武田はかろうじて駿府侵攻を踏みとどまっていて、家臣、領内の国衆も今川についていると見ることもできた。

井伊も寝返ることを考えなければいけない時期となっていた。

ふっと、直親のことが思い出された。

今こそ長年の忍耐が報われる時が来た。遂に今川から離脱する時が来たのだ。

直虎VS寿桂尼 第二戦

翌日、南渓を通して、寿桂尼から駿府への招待状が来た。「会えるのは最後なので来ぬか」という。
迷う直虎に南渓が「話したいことを話してこい」と言う。

その言葉に従い、直虎は駿府の寿桂尼を訪ねた。
寿桂尼は起きていて、何かの帳面を書いていた。

直虎は、持参した井伊の綿布を見せた。

寿桂尼は直虎から受け取った綿布を見ながら、感心した。
その姿に老境に際した寂しさが見て取れた。

不意に寿桂尼が直虎のことを口にする。

すると、直虎は「綺麗ごとだけでは達せられない」と口にした。

直虎はぐっと身を強張らせた。その顔を寿桂尼が見つめる。

寿桂尼の目に涙が溢れた。

今川家に為にひたすら働いてきた自分の過去を直虎に重ねる。

寿桂尼は涙を止めることが出来なくなっていた。

寿桂尼は「今川を見捨てないで、太守様を支えてやってくれ」と頼み込んだ。

その手を強く握り返した直虎であったが、複雑な気持ちであった。
井伊に帰って来た後、政次に報告する。

同じ頃、駿府の寿桂尼はつけていた帳面を氏真に見せていた。
そこには家臣や今川方の国衆の名が並び、井伊直虎の頭には『×』が書かれていた。

自身の死後、寝返る可能性のある者を列記した帳面だったのだ。そこに名のあるものは討伐せよ、ということである。
直虎の名を見て氏真が質問した。

寿桂尼は、直虎の「綺麗ごとだけでは達せられぬ」という言葉が気に障った。

寿桂尼は直虎に自身と通じるところがあるからこそ、危険だと判断した。

一方、直虎と政次は南渓から今川が上杉との同盟の話を聞いた。
互いの僧が行き交っているらしい。
武田と上杉は犬猿の仲である。もし、これが成立すれば武田は上杉、今川、北条に囲まれることになる。

南渓は武田の頼みは徳川という。
家康が考えを変えれば、武田は今川を攻められなくなる。直虎は、「家康武田と手を組まず、上杉らと手を組み、武田を囲むように進言すればいいのではないか」と考える。

政次が慌てて忠告する。だが直虎は本気だった。

直虎は家康に宛てた書状を書き始めた。

その頃、駿府では寿桂尼の帳面に沿って、氏真が家臣らの粛清を始めていた…。

おんな城主直虎28話-感想

まさかあの一言で、×が付けられるとは…。
恐ろしいというか、自己中心的というか…。
直虎の頑張りが報われないですね。

けど、直虎はどんどん頼もしくなってきましたね。
もはや政次とも同等に話ができてる!

果たして徳川と手を結べるのか??

そして、今川は直虎をどう狙うんだろう…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です