おんな城主直虎26話のネタバレ感想!【誰がために城はある】

25話は、材木を巡って事件が勃発しましたね!

26話では、さらに気賀で問題が勃発します!!

ここでは、直虎の復習としてネタバレと感想を載せていきます!!

ネタバレを見たくない場合は、目次から感想に飛んでくださいね。

それでは、今回は、おんな城主直虎の26話【誰がために城はある】のネタバレ・感想を書いていきます。

おんな城主直虎26話-ネタバレ

材木は今川の館に運ばれた。
氏真の重臣、関口氏経が控えていた直虎に、申し開きは聞き届けたと言う。

運ばれてきた材木のそばに方久と六左衛門がいる。直虎に慌てて駆け寄った。

笑った直虎の背後で声がした。

龍雲丸「ご無事で、ようございました」

材木を運んできた龍雲丸がいた。笑顔を直虎に向ける。

気賀に城が…

しかし数日後、その龍雲丸は井伊の館に突然押しかけてきた。
直虎を出せ、と暴れる。

なんと、井伊の材木で気賀に城を作る話が進んでおり、龍雲丸は激怒していた。

そこに来た政次が、井伊は知らなかったことだと言う。

確かにその噂は聞いていた。
元より今川は気賀に城を欲し、そこにたまたま、先日の一件で城を建てる資材の木が手元に来たので使ったのであろう、と政次は状況を説明するが龍雲丸の怒りは収まらない。

龍雲丸の矛先は再び、直虎に向いた。

直虎も同じ考えなのかと問いただす。

怒りに任せ、足早に立ち去る。
その姿を見送るしかなかった直虎は政次に尋ねた。

気賀に城ができれば、大沢氏が入るだろうと、政次は推測した。

浜名湖の北から東の辺りの領する大沢基胤は今川に従う忠実な国衆であった。
大沢が入ると聞いて、直虎は気賀の龍雲丸らの事を案じた。

未練がましい直虎に対して、政次は苛立つ。

政次「お前はどこの当主なのだ!」

井伊の領主なら、まず一番に考えるのは井伊の事である。

数日後、大沢からの使者が来た。
築城用の木材が何者かに焼かれてしまったらしい。直虎は龍雲党であると思った。

直虎、一計を案じる

これを聞いて、直虎は気賀に向った。
そこでは気賀の民同士が石を投げ合い喧嘩をしていた。龍雲党が普請の邪魔を始めた頃、それに手助けをする連中が現れたらしい。

そこへ、逆に大沢に従う民もあり、今は双方がいがみ合っている状態だという。
直虎は中村屋に向った

気賀の商人らもいがみ合ってしまっているようだ。
与太夫が双方の説得をしてみたが、返ってこじれて仲間はずれにされたようだった。
まず直虎は、商人らを集めることにした。

双方の商人に「井伊が材木を都合するかどうか決めかねている。どうするかは、そちらの出方次第だ」という手紙を送った。
そう言えば、互いに顔を合わせて話し合うしかない。

四人の商人が中村屋に集まった。そこには龍雲丸も来ていた。
直虎は大沢が武力をもって、築城反対派を抑えようとしていることを話した。

大沢派は、大沢が気賀に介入してくることの利を言い、反対派は大沢が介入する事がとにかく不利であると言い張った。

武家が町の商いに介入することで自身の商いに影響があることが嫌なのであった。
ならな築城と引き換えに、商いをい縛らぬように大沢側に願い出れば良いのでは、と直虎は提案する。
交換条件であった。

双方に安堵の表情が見えた。ここで与太夫が、城を築くことにして後は交渉しようと促す。

黙って聞いていた龍雲丸が、ここで「城は嫌があっては良くない」と口を開いた。

そう言って龍雲丸はその場を出て行く。その後を直虎は追った。

龍雲丸の過去

直虎は、龍雲丸を引き留めた。

かれは何故ここまで武家を嫌うのか。
その訳を龍雲丸は語りだした。

竜雲丸は実は武家の出であった。幼い頃、親の守る城を敵に攻められて亡くなっていたのだ。

だから、城自体を嫌っていたのだった。

井伊の館に戻って、直虎は竜雲丸との会話も考慮しながら家臣らと話し合う。

そこで、方久が「あえてもっと気賀と関わってはどうか」と提案する。

このもめごとに関わることで、気賀の民が井伊を求めるかもしれないと考えた。

そうすれば、駿府さえ認めれば可能なことであった。

さて、直虎の判断は・・・?

おんな城主直虎26話-感想

せっかく材木問題が収まって、直虎と頭が良い感じ!?と思ったら、まさかの頭が激怒・・・!
まさか頭にあんな過去があったとはなぁ。
だから武家のことをあれほど嫌っていたのか。

それにしても、確かに武家のやり方は強引すぎますね。
今が自由だということがよくわかります。

井伊が関わることで、頭はどう出るかな!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です