おんな城主直虎25話のネタバレ感想!【材木を抱いて飛べ】

24話は、たけが直虎の元を去ってしまいましたね。

25話では、材木を巡ってある事件が勃発します!

ここでは、直虎の復習としてネタバレと感想を載せていきます!!

ネタバレを見たくない場合は、目次から感想に飛んでくださいね。

それでは、今回は、おんな城主直虎の25話【材木を抱いて飛べ】のネタバレ・感想を書いていきます。

おんな城主直虎25話-ネタバレ

龍雲丸たちが切り出した材木の買い手が見つかった。
方久が気賀より見つけてきたのだった。

材木のおかげで収入のめどが立ち、直虎ら井伊家の家臣らは勢い込んだ。
直虎は井伊谷から獲れた材木に『井』の字を焼き印した。そしてそれを気賀に運び、一旦、中村屋へ運び込んだ。
そこで与太夫から意外なことを聞いた。井伊から戻った龍雲丸が、仲間と『龍雲党』を旗揚げし、気賀で商売を始めたらしい。
雇っているのは元罪人や人足、船乗り、牢人や坊主崩れの流れ者であった。
彼らを取りまとめ、寝食の世話をして仕事を与えている。

頭は、今や気賀の裏のまとめ役になっていた。

また、政次が気賀に関する別の話を持って来た。

今川が気賀に城を立てようとしてるのであった。

その数日後、今川から重臣の関口氏経が井伊谷にやってきた。

関口氏は、「太守様のお下知」と言って、書状を政次が読み上げる。

内容は、井伊が三河と内通して謀反を起こしたということだった。

また駿府召還の下知である。しかし、今回は全く見に覚えがない。

なんと、三河に材木を流したという疑いだった。

身に覚えのない疑いだ。
第一、材木の販売は気賀の中村屋を通し、方久が見つけて来た成川屋に任せている。

その成川屋が、材木を三河に流しているというのだ。

直虎に厭味を放ち、氏経と政次は出て行った。
直之の怒りが爆発する。

だが、直虎は冷静だった。

今川の意図は分かっていた。直虎を井伊の領主と虎松の後見から降ろし、自らの息のかかった政次に替えたい。それで揺らぎ始めた遠江の国衆との結びつきを、今一度強くしておきたいのだろう。
ならば、申し開きに赴いたところで結果は見えている。

直虎はある策を考え付いていた。
方久と六左衛門に策を授け、自身は駿河に向った。

ます、方久と六左衛門は気賀の成川屋に向った。井伊の木材を買い戻すつもりであった。しかし木材を載せた船は港を出た後であった。

ならばと、他の木材を買い集め、それに『井』の焼き印を押して、井伊の木材とするつもりであったが、買い集められる木材も足りる量ではなかった。

そこで、最後の方法に出た。
中村屋与太夫から龍雲党のアジトを聞いて、龍雲丸に事情を話す。
その船に追いつき、木材を取り戻す気であったが、手下らは反対する。
それを方久と六左衛門が説得する。

直虎の首が飛ぶかもしれないという話を聞いて、龍雲丸は決意する。

すぐにカジたちに船を出させ、成川屋の船を追い、乗り込んだ。
六左衛門を今川の家臣と思わせ、材木を取り返した。
船はそのまま駿府に向った。

忠義を示せ!

その頃、駿府では直虎が時間稼ぎの為に、あえて毒薬を飲んで高熱で寝込んでいた。方久らが材木を持って来るを待つ気であった。
様子を見に来た政次に真相を告げた。

戸惑いながらも頷いた政次は、高熱にうなされ目を閉じた直虎の額に手を乗せた。

三日後、熱は下がってしまった。
木材はまだ来ない。
直虎は今川の館に向かい、氏真が現れるのを待った。

そして、そこに氏真が現れ、直虎が弁明をする。

氏真は、弁明する直虎を冷たく見つめる。

氏真の腹は決まっている。直虎に『井伊の領主を降りろ』と迫るつもりであった。
あえて、直親の一件を仄めかす。

それを聞いて、怒りを隠しつつ直虎が話始める。

直虎は、このようなやり方は今川への忠義者を失うことにならないのか?と訴えた。

氏真をその言葉と直虎の剣幕にたじろいだ。
そこに今川の家臣から報告が入る。

龍運丸たちが取り返した材木が間に合ったのだった。
それに直虎が、「井伊のお心を示すために取り返した」と吼えのであった。

おんな城主直虎25話-感想

今川はやることがせこ過ぎる!!!
腹が立ちますね!!

頭たちが頑張ってくれてよかった!!
頭は頼りになるなぁ。

直虎も頼もしくなりましたね!
柴咲コウの演技はさすがです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です