おんな城主直虎23話のネタバレ感想!【盗賊は二度 仏を盗む】

22話は、井伊家と頭たちが和解できて良かったですね!

23話では、近藤氏がケチをつけてきて、問題が勃発します。

ここでは、直虎の復習としてネタバレと感想を載せていきます!!

ネタバレを見たくない場合は、目次から感想に飛んでくださいね。

それでは、今回は、おんな城主直虎の23話【盗賊は二度 仏を盗む】のネタバレ・感想を書いていきます。

おんな城主直虎23話-ネタバレ

小野の屋敷に近藤康用が来ていた。
菩提寺の本尊が盗まれたという。そこで井伊谷の山中で先日の盗賊らを囲って使っているという事を聞いたからだ。
政次は知らないフリをした。

翌朝、直虎は酷い二日酔いであった。しかも直虎は宴会で何をしゃべっていたか、全く覚えていない。昨夜、龍雲丸に言った事も覚えていない。

直虎は、昨夜の自身の発言を思い出そうとするが、なかなか記憶は戻らない。

直虎は、六左衛門の話を聞いて、顔から血の気が引く。その記憶が全く無い。

そこに政次が近藤康用を連れ立ってやって来た。
近藤氏の菩提寺から本尊の仏像が盗まれたのだった。

そこで、直虎はつい以前盗みをした賊たちだと言ってしまった。
その言葉に康用は身を乗り出す。

近藤は、さらに声を荒げ、賊を引き渡せと言う。

それを聞いて、渋々直虎は了解する。

そう言うしかなかった直虎であったが、政次と康用が退出すると急いで直之に、「あの者たちを逃げせ」と命じる。

直之が飛ぶように向うと、龍雲丸たちは逃げたあとであった。
帰ってきた直之が嬉しそうに報告した。

何故か、寂しげな直虎であった。

ご本尊をどこに?

その後、南渓が直虎に近藤の菩提寺への寄進を勧めた。
本尊の代わりの仏像を寄進せよ、という。あまり乗り気にならない直虎であった。

南渓に諭され、直虎は南渓と一緒に渋々、近藤の菩提寺に向った。
康用が菩提寺の住職と共に待ち構えていた。

直虎は、仕方なく康用に謝る。

そこで、南渓は「ご本尊が祭られておったところを拝見したい」と言い出す。

得意げな康用は直虎と南渓を寺の本堂、本尊が安置されていた厨子の前に案内した。
そして厨子の扉を開く。
なんと、そこには消えたはずのご本尊があった。
一同、驚嘆する。

康用が慌てて、和尚に「今朝代わりのご本尊を納めた」と下手な芝居を打つ。

南渓は本尊の裏に刻まれた仏師の銘を皆に示した。『康久』の作である。
そして康用を見ると、にこりと南渓は笑う。

帰路、南渓は事の真相を直虎に告げた。
先日、龍潭寺に龍雲丸がやって来た。本尊が盗難されたというが、どうも怪しい。狂言ではないか…。
南渓が菩提寺に行く、となれば、どこかに隠すだろう。
龍雲丸に頼み、先に本尊が隠される所を確信させ、直虎たちが康用らと話し合っている隙に隠された本尊を元の厨子の位置に戻しのであった。

南渓は急に後ろに怒鳴った。そこには、なんと龍雲丸がいた。

龍雲丸は戻ってきたがっていた。

直虎は、龍雲丸が自分たちを信用していたことを知って、涙を流した。

雲の如き男

龍雲丸とその仲間が山奥に戻ってきた。
今後の措置を考える評定が館で行われた。

直之は、頭たちを召し抱えることに賛成だった。

しかし、政次がなんと言うか、が心配だった。

そこで六左衛門が意外な事を話し出した。

龍雲党が逃がしに向ったあの日、後から聞けば、見知らぬ女性が龍雲丸たちの下にやってきて、すぐに逃げるように知らせたという。

その女性がなつだったのだ。

どうも政次がなつを使って、龍雲丸らを助けにやったらしい。
直虎はそれを聞くと小野の屋敷に向かい、事の次第を政次に確認し、召抱えの半紙をする。

政次も召し抱えることには賛成だった。

この言葉に直虎は、次の日、龍雲丸達のいる山奥に向かい、家臣の誘いをした。

皆、その話に乗り気であり、ただ龍雲丸についていくのみだと口々に言う。
数日後、妙にすっきりとした表情の龍雲丸が仲間を引き連れ、井伊の館にやってきた。約束の銭を受け取るためだ。
先日の答えを訊く。直虎は竜雲丸の承諾を期待していた。

しかし…。

龍雲丸「断りまさぁ」

手下が騒ぎ出す。皆、龍雲丸と井伊の家臣になる気でいたからだ。

直虎はビックリして理由を聞くと

龍雲丸「そりゃ、空に雲があったからでさ…」

妙に爽快な顔で館を出て行く龍雲丸であった。その後ろを手下が追いかけていく。
直虎が、驚きと不可解な顔でその背を見つめた。

おんな城主直虎23話-感想

本尊の事件は面白かったなぁw
まさかこんな展開だったとは(笑)

南渓和尚は、表情に出さないし、本当に凄いw
頭とも信頼関係築いてるし。

そして、やっと頭がホウキュウみたいに家臣になるのかと思いきや・・・

まさかの拒否で「えええええええ!」って声に出してしまいました(笑)

これぞ直虎の面白さかもしれませんねw
しかも理由も謎だしw

いや~面白い!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です