おんな城主直虎21話のネタバレ感想!【ぬしの名は】

20話は、まさかの高瀬が直親の娘でしたね~!

21話では、今度は直虎が賊につかまってしまいます・・・!

ここでは、直虎の復習としてネタバレと感想を載せていきます!!

ネタバレを見たくない場合は、目次から感想に飛んでくださいね。

それでは、今回は、おんな城主直虎の21話【第三の女】のネタバレ・感想を書いていきます。

おんな城主直虎21話-ネタバレ

方久は、今川から種子島の量産を別の商人に任せる事を告げられて、憤慨していた。
これからは気賀で商売を行うという。
出来上がった木綿も気賀で売りさばく方向になった。

直虎、捕まる。

方久を伴い、直虎たちは浜名湖に面した気賀にやって来た。
かなり賑わっている。行き交う人々にも活気がある。ここは今川家から許しを得て、商人が統治する町だという。
気賀の商人たちの頭格、中村屋の主、与太夫と商売の算段をつけた。

その帰り、六左衛門と露店の皿を見ていたところに子供とぶつかる。
その直後、子供に財布をすられたことに気が付く。
その子供スリを追う内に、直虎は怪しげな男たちに囚われてしまい、その一味のアジトに連れて行かれる。

そこに「頭」と呼ばれる男がやってきた。
それはあの『旅の若い男』だった。

直虎に度々助言した、この男は盗賊一味の頭目であった。
驚く直虎と、領主と知って驚く一味の仲間を尻目に頭は、「厄介なものを…」と言う。

手下が、直虎の処置を聞く。このままで済ますわけにはいかない。

一味が大声で笑う。
直虎は奥の地下牢にぶちこまれた。

直虎の失踪で、井伊の家中は大騒ぎとなった。
まず六左衛門が井伊谷に戻って来て、井伊の館に報告した。

そこに気賀に残っていた方久がやって来た。

そこには、『直虎と引き換えに、銭を届けろ』と書いてあった。

政次は冷静に考え、まずは応じて、来たら捉えれば良いという旨を告げる。

そして、政次は龍潭寺の南渓にあることを願い出に向うのだった。

武家は泥棒か?

その頃、直虎は子供を盾に脱出を試みるが失敗し、そこに龍雲丸がやって来て、二人は口論になる。

そこで、頭は、「領主は大泥棒だ」と言い捨てる。

二人の口論は、次第に統治の根幹に関わる話になっていく。

武家は、領土を奪い合う。頭はそれを引き合いにして、領主は大泥棒と言っていた。

直虎は憤りながら考える。ある意味、頭の言う通りであったからだ。
何故、自身は井伊の領主なのか、考えたことなどなかった。

すると、頭は直虎の首に針を打って眠らせた。

直之ら井伊の家臣団は絵図の場所に銭を持ってやってきた。そこには山小屋があった。いかにも怪しい。

小屋に踏み込むと、そこには眠りこけていた直虎がいた。盗賊一味の姿は無い。
思わず直虎を解放する直之。
銭も取られず、意気揚々と帰ろうとする井伊の家臣だったが、そこで盗賊の狙いが銭では無く、ここまで乗ってきた馬だと気が付く。
頭を先頭に馬に近付くモグラら一味。

しかし、その馬の見張りには、すでに傑山が弓を構えて待っていた。
政次が南渓に依頼していたのだ。

察した龍雲丸が仲間に指示する。一気に山の斜面を駆け下り逃げる盗賊らの背に、傑山の放った矢が降り注ぐ。

こうして直虎の誘拐騒ぎは収まったが、直虎は頭の「泥棒」の言葉にひっかかっていた。
なぜ、武家は百姓の上に立っているのか?
誰かから奪い合いことでしか、この世は成り立たないのか?
高瀬に武家のことを聞けば「奪われたと考えた事はないです」と言い、祐椿尼は「武家も一緒だ」と言う。

その後、方久が「井伊の材木を気賀で売りたい」と言い出した。

方久「今はあちらこちらが戦場でございます。焼かれた城もあれば、新たに建てる館も山ほどあると言う事で」
直虎「しかし、切り出すと言うても人手が…」

その時、直虎はある考えが浮んだ。

直虎の『答え』

直虎は、気賀の中村屋与太夫に頼み、頭に文を届けていた。龍潭寺にきてくれるようにと書いた。来るか否かは賭けであった。
頭はやって来てくれた。いつの間にか庭先から現れた。

そこで、直虎は、昔カブを盗んだことがあると話した。

出家したばかりの頃、腹が減って托鉢に出た時のことだ。

追い込まれれば人は盗むし、奪い合う。それは幸せなことなのか?と諭す。

頭は立ち去ろうとするが、それを直虎が制止させた。

直虎「われも逃げずにお主の言葉を考えた。お主も受け止めるのが人の道ではないのか!」

頭は座り直し、直虎を見た。

直虎は、「奪い合わずとも生きられる世を創りだせば良い」と語る。

さらに直虎はたたみかける。頭の表情が厳しくなる。

そこで、直虎は材木の仕事を依頼する。

直虎の言う意味と『奪い合わずに済む世』が分かったからだ。

頭は、依頼を請け負った。

頭の名は、「龍雲丸」という名だった。

翌日、井伊の山を登ってくる龍雲丸とその一味がいた。

おんな城主直虎21話-感想

頭の方が一枚上手だ!と思いきや、政次はさらにその上をいきましたね~!

さすがに、直虎は諦めるかと思いきや、まさかの仕事の依頼!
直虎は、頭をどう思っているんだろ?

柳楽優弥もいい味だしてるね~!

これから直虎と頭の絡みも楽しみだ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です