おんな城主直虎17話のネタバレ感想!【消された種子島】

16話では、人集めの小躍りが面白過ぎましたねw

17話は、直虎が虎松を説得します!

見どころとしては

・虎松の説得
・種子島が盗まれる!?

です!

ここでは、直虎の復習としてネタバレと感想を載せていきます!!

ネタバレを見たくない場合は、目次から感想に飛んでくださいね。

それでは、今回は、おんな城主直虎の17話【消された種子島】のネタバレ・感想を書いていきます。

おんな城主直虎17話-ネタバレ

ある日、直之と方久が黒い筒を龍潭寺に持ち込んだ。直虎たちの前に出してみる。
境内で直之が構えたその筒から轟音を響いた。
離れた場所の木製の的が、その音ともに砕け散った。

直虎が仰天する。

直虎「こ、これはなんじゃ! 妖術か?」

これが種子島だ、と得意げに直之が言う。
その黒い砲身を直虎は見つめた。

直之は種子島の必要性を説く。今の井伊にはうってつけの武具である。方久に頼んで取り寄せたのだった。
だが、その購入にかかる金額を聞いて直虎は仰天する。

しかし、直之の提案も一理ある。

そこで・・・直虎は、種子島を井平で作らせることを思いついた。

井平は鍛冶屋が多くある井伊領内の土地である。そこでこの種子島を量産出来れば、購入する必要も無くなり、販売して大金を得ることが出来る。

方久はお金がかかると反対するが

直虎「やってみねば判らぬではないか!」

と直虎らは井平に向い、鍛冶頭の五平に種子島の製作を任した。
この事は井伊の家中でも秘匿にされていた。特に政次には隠すように、政次に弱い六左衛門には、この件は言わない事を決めた。

しかし、政次の甥、亥之助が龍潭寺の裏庭で見つけた鉛玉を政次に見せ、政次は種子島の存在を勘付く。

虎松の戦い

直虎は龍潭寺で手習いをしている虎松に、要らぬ手加減をせぬように厳命した。
その為、五目並べでは負かされ続け、剣術などの鍛錬では転がされ、鬼ごっこでは鬼役ばかりさせられていた。

虎松は、寺に来なくなってしまった。
虎松は、虎松がしのと暮らす屋敷に乗り込んだ。
静止を促すしのを振り切り、逃げる虎松を捕まえた直虎は説得する。

叱られ泣き出す直虎。
それを見たしのが、思わす「跡継ぎにしてもらわなくて結構」と叫ぶ。

しのはそう叫んで虎松を引き取って奥に消えた。
この事態を考えあぐねた直虎は龍潭寺の井戸で、また謎の旅の男に会った。また水浴びをしていた。

直虎は思わず、虎松のことを口にした。旅の男は、また「一度勝たせれば良いのでは?」と助言をする。

またしても直虎はひらめき、再び走り去る。旅の男は、また水筒を返しそびれた。
直虎は再び虎松の屋敷に忍びこんだ。
虎松に、虎松の父である直親の話をする。

亡き父の話に虎松が聞き入る。

虎松「なれど、弓もうまく、知恵もある肝の据わった頼もしい男になった。なぜじゃと思う?」
虎松「…悔しかったから?」

直虎が強く頷いた。

虎松は、誰よりも強くないといけないのに、それができない自分が嫌だった。

それを知った直虎は、「何か1つでも良いから勝とう」と説得した。

そこにしのが入って来て、虎松を保護する。直虎に出て行くように怒るしの。

しかし、虎松は「自分が勝ちたい。勝って父のようになりたい」と母に告げる。

この言葉にしのが折れた。虎松は直虎の元で五目並べの特訓を受けることになった。

数日後、龍潭寺で虎松は亥之助と五目並べの対決に挑んだ。
開始前、直虎は虎松に秘策を授けていた。
また亥之助も伯父、政次から「五目並べは必ず先手に利がある」と秘策を授けられていた。
その通りに先手を取って、勝ってしまう亥之助。

だが、改心した虎松は諦めない。
すると、虎松は言い放つ。

直虎が授けた策は「諦めぬ限り、負けることは無い」というものだった。
虎松はその姿に納得した。

しのが審判役の昊手に、「虎松を鍛えてやって欲しい」と告げた。

直虎は安堵した。

種子島はどこに?

種子島の製作を依頼していた鍛冶頭の五平が井伊谷にやってきた。
なんと、種子島が盗まれたという。

すぐに探索に向おうとする直虎に、声をかける男がいた。

政次「お探しの物はこちらにございますか?」

政次であった。家臣に木箱を持たせて庭先に現れた。
その箱の中身は見本として五平に渡した種子島ち、その試作品であった。

政次は、直虎たちの謀反を企んでいると怪しんだ。

政次は、再度虎松の後見を要求するが・・・

おんな城主直虎17話-感想

直虎の余計なお世話は度が過ぎますが、これが人の心を打つんだろうなぁ。
ついに、虎松も説得して、弱弱しい虎松が変わってくれてよかった!
行動でしのも説得してしまう直虎、さすがです!

ここまでできる城主は直虎しかいませんね。

そして、何から何まで見抜く政次も凄すぎるw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です