おんな城主直虎6話のネタバレ感想!【初恋の別れ道】

「俺は、おとわと一緒になるつもりじゃ」

5話ではついに亀が帰ってきて、おとわと亀がまだ両想いでしたね!
しかし、お互い次期当主と出家という立場・・・!

2人の運命はどうなるのか?

第6話の見どころは

・おとわが死ぬ?
・おとわと亀の恋の行方は?

です。第6話は色恋沙汰ですね(笑)

ここでは、直虎の復習としてネタバレと感想を載せていきます!!

ネタバレを見たくない場合は、目次から感想に飛んでくださいね。

それでは、今回は、おんな城主直虎の6話【初恋の別れ道】のネタバレ・感想を書いていきます。

おんな城主直虎6話-ネタバレ

井伊に戻った亀之丞は、元服し、『井伊肥後守直親』と名を改めた。

直親「元服は故郷にてと定めておりました」

その言葉に元服の儀に出席した一同は大いに喜んだ。直親に従い、信濃まで一緒に逃れていた藤七郎などは涙を流していた。

だが、政次だけは一人複雑な顔をしていた。
儀式の後の酒宴で直親は次郎との婚儀を直盛に問う。

直親「次郎法師様の還俗はいつのことになりましょうか?」

答えに詰まる直盛に、政次が代わりに応じた。

政次「恐れながら、今川の太守さまに直親様の帰参をお許しいただくのが先決かと存じます」

直親が少し驚いて幼馴染みを見つめる。

政次「今川にとりましては、直親様は謀反人の子。まずはお許しを願い、次郎様の事はその次かと」

直盛は左馬助に今川の様子を探るように命じた。

おとわと一緒になりたい!

龍潭寺では南渓と次郎が問答をしていた。

南渓「昔、趙という国に道威という王がおり、中と伯という二人の大臣が仕えておった。ところが争いが起こっての。道威はどちらか一人を追い出さねばならなくなったのじゃ」

道威は二人に饅頭を二つ渡した。二人ともその場で一つは食べた。
中は一つを子供に与え、伯は残りの饅頭一つを大事に持ち帰り、かびさせてしまった。

南渓「さて、道威はその後どちらに大臣をつづけさせたかの?」
次郎「中ではないのですか?…食べられぬようになってしまっては、意味がありませぬ」

南渓は笑みをこぼした。

次郎「違うのですか?」
南渓「道威が選んだのは饅頭をかびさせた伯だったのじゃ。…さて、何ゆえじゃと思う?」

そう言って、南渓は次郎の前に饅頭を二つ出した。

左馬助は駿府に赴き、『ご機嫌伺い』を名目に今川家の状況を探った。
義元は尾張攻めを準備中で、何かを申請したなら、すぐに『兵を出せ』と言われるらしい。

直盛「そなたの帰参までは願い出るとしても、次郎の還俗となると、何を要求されるか分からんということでの…。すまぬ。直親、汲んでくれ」

だが、それで諦める直親ではなかった。
次郎を呼び出していた。

直親「おとわ聞いたか? 還俗の件が叶わぬ話は」

直親はそれでも何故か笑顔だった。

直親「ここはもう、死ぬしかないのだ!」
次郎「え?」
直親「死んで一緒になるしかない」
次郎「ば、ばかを申すな! やっと戻って来られたのに、何を…」
直親「俺は死なぬぞ。死ぬのはおとわだけだ」
次郎「はあ!?」

次郎が一度死んだことにして、名を改め、改めて直親と夫婦になれば良い、と直親は考えたのだ。次郎はその身を一時的に『川名の隠れ里』に隠れておけば良い。

次郎「なれど、父上や母上には?」
直親「数年は黙っておく事になろうな…」
次郎「…」
直親「おとわは悔しくないのか?十の頃より寺に閉じ込められ、『何故、己だけかような生き方を強いらぬばならぬ』とは思わぬか?」
次郎「それは、仕方あるまい」
直親「仕方あるまい。仕方あるまい。そうやってなんでもかんでも諦めて、一生燻ったまま生きていくのか?」

そう言われたら次郎の心は揺れた。

次郎「今生は一度きりにあるのにな」

次郎は直親に頷いた。

一つの饅頭

次郎は井伊谷のあちらこちらを歩き、別れを告げた。
川名から準備が整ったという知らせが来た。井伊の後は、幼い頃に落ちた崖に遺書と草鞋を置けば良かった。

龍潭寺のご本尊に礼を述べ、自室に戻った次郎は遺書を書くことにした。その机の前に南渓から渡された二つの饅頭がある。

南渓『道威が選んだのは饅頭をかびさせた伯だったのじゃ。…さて、何ゆえじゃと思う?』

次郎の頭に南渓の言葉が甦る。墨を付けた筆を置いた。次郎は朝まで考えた。

直親「何かまずいことがあったのか?」

待ち合わせの井戸の前で直親は驚いた。

次郎「直親、おとわは死なぬわ…。…直親とわれはそれぞれ一個の饅頭なのじゃ」
直親「饅頭?」
次郎「二つの饅頭を一時に食べたり、人に与えてしまっては、無くなってしまう。なれど一つを取り置けば、本当に困った時にもう一度食べたり、与えたりする事ができる」
直親「還俗するのは俺と一緒になる時ではなく、俺に何かあった時でありたい、という訳か? …おとわはそれでよいのか?」

次郎の思わぬ決意に直親は激しく動揺する。

直親「娘である事の喜びも哀しみも全て捨て、お家の危機の駒となり、まことにそれで良いのか?」

次郎に覚悟は出来ていた。

直親「一度きりの今生と言うたでは無いか? 一生、日の目を見ることなとないかもしれぬのだぞ?」
次郎「それこそ上々であろう。われがカビた饅頭になることこそ、井伊が安泰の証であろう」

直親が刺すような眼で次郎を見た。
「ではな…」と足早に去ろうとする次郎を後ろから直親が抱き締めた。

直親「…置き去りにして、すまぬ。…すまぬ」

次郎の決意が揺らぐ。
やはり、このまま直親と…。
その時、直親の腕が離れた。

直親「葬らねばならぬのは、俺の心だ」

今川から直親帰参の許しを得て、直親は正式に直盛の養子になることになった。
同時に井伊の一族でもある奥山朝利の娘、しのを正室に迎え、祝田に屋敷に住むことになった。

おんな城主直虎6話-感想

まさかおとわを死んだことにしてまで、一緒になりたいとは思わなかった(笑)
直親にしては、考えが浅はかな気がする…
だって、もう一度一緒になったとして、結局顔は変わらないし普通にバレるのでは?

そして、後ろから抱きしめて急に現代風になるという(笑)

饅頭の問答は、意味が分からなかったけど、そういう意味だったんですね。
南渓の問答は、いつも伏線になってて面白いw

まだまだおとわが城主になる気配がないけど、今後どうなるんだろう。

おんな城主直虎-全話一覧

おんな城主直虎の全話一覧をまとめました!

大河ドラマ・おんな城主直虎のネタバレ感想全話一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です