おんな城主直虎15話のネタバレ感想!【おんな城主 対 おんな大名】

14話では、徳政令問題で直虎が見事に村人をまとめましたね!
直虎の心に訴えかける行動は見事!

15話は、また新たな問題が生じて、直虎が襲われてしまいます。

見どころとしては

・直虎が今川に申し開き
・ついに政次に後見を譲る!?

です!

ここでは、直虎の復習としてネタバレと感想を載せていきます!!

ネタバレを見たくない場合は、目次から感想に飛んでくださいね。

それでは、今回は、おんな城主直虎の15話【おんな城主 対 おんな大名】のネタバレ・感想を書いていきます。

おんな城主直虎15話-ネタバレ

方久と六左衛門が、放棄され荒れた耕作地を再生させる案を考えていた。

今川からの沙汰を待っていた直虎は、上の空で二人の話を聞いていた。
そこに政次がやってきた。直虎が姿勢を正して構える。

政次が静かに書状を差し出した。

やはり、今川は直虎を駿府に申し開きに来させる旨が書いていた。

政次は、申し開きにいかないためにも、自分を虎松の後見にしろと要求する。

しかし、そんなものを認めるわけにはいかない。
直虎は駿府に向うことを決意した。

六左衛門らが息を飲んで政次を見つめていた。直虎は大きなため息を洩らした。

申し開きに行けばいかになるか。それは直親の例を見れば分かっている。今川の実質的な運営者は寿桂尼である。瀬名の時の仕置きを見ても、同じおなごであっても容赦はないだろう。

直親の時のように途中で殺されては適わない。護衛として直之を同行させたいが、彼は評定の場に来てもいなかった。

直虎は、六左衛門に直之に来てもらえないか頼むことにした。

直之の気持ち

六左衛門に連れて来られた直之は直虎に言う。

直之「すぐに後見を降り、駿府の言うことをお聞きなされ」

直之は、直親の二の舞にしたくないと、直虎の言うことを聞かない。

しかし直之は直虎に言い放つ。

直之「供の者を犬死させるおつもりか?後見を降りると言え!」
直虎「誰に向って物を言うておる!」

さすがに直之は黙った。おおよそ家臣から城主に放つ言葉では無い。
間に入った六左衛門が困り果て天を仰いだ。

直虎は、直之の説得には失敗した。
直虎は道々の警護を龍潭寺の僧らに依頼するしかなかった。昊天、傑山が同行することになった。

駿府への出立の前夜。直虎はご初代の井戸に向かい、隣の白い花を付け出した橘の木を見た。そして思わす語りかけた。

直虎の目に気弱さが映った。やはり怖い。

直虎は、直親に道中を守ってもらえるよう祈願した。

明けて、出立の日。見送りにきたのは六左衛門と祐椿尼のみであった。

直虎はあえて明るく出立する。その姿に祐椿尼が心配でならない。

政次や龍潭寺の僧侶、小野の家臣らが続く。
この姿を遠くから見守る直之がいた。

その肩を南渓が叩いた。
直虎に頼まれ、瀬戸、祝田村の百姓に文字を教えていた南渓は、直之に手伝えという。渋々従う直之。

両村の百姓は直虎が駿府に向い、命が危ないと分かると騒ぎ始めた。
それを止める直之。

直之「待て、待て! おい! …おぬしらが行っても、どうにかなるものでもない! 足手まといになえうだけじゃ」

八助「ふんでも直虎様はおなごだで! お守りできんじゃ男じゃねぇらぁ!」

その言葉に何かを感じた直之だった。

直虎、降りる

遠い駿府への途中、直虎は山寺に一泊した。
その夜、傑山が直虎の寝所を守っていた。厠に向う政次にも注意を払っていた。

その時であった。

直虎「誰か!」

その声に井伊の家臣が寝所に立ち入る。傑山は政次を羽交い絞めにする。
直虎の足元には大きな蛇が舌を出していた。

直虎は蛇に腰を抜かしていたw

その次の日、出発する直前、政次が「おとわ…」と声をかけた瞬間、どこからか斧が飛んできた。山賊の襲撃であった。
乱戦になる一行。

直虎に刀を手にした武士が近付く。山賊にまぎれた今川の刺客であろうか。 
直虎目掛け刀を振り上げた瞬間、その武士を矢が射抜いた。

直之が助けに現れたのであった。瞬く間に山賊を斬り伏せる直之。

直之「…守れねばこちらの立つ瀬がないのじゃ!」

危機が去った後、直虎は、政次に突然言い放った。

直虎「政次、虎松の後見をそなたに任す。駿府に伝えてくれ…」

だが、実は、これは直虎の策略であった。

先に駿府に向う政次を見送った直虎は、直之を呼び寄せ頼みごとをする。

直虎対寿桂尼

駿府では、政次が直虎が後見を降りた旨を寿渓尼に伝えていた。

そこに井伊から『中野』という者の来訪が告げられた。
主殿で寿桂尼が応対した。政次も従う。

そこには直之がいる。

だが、その顔を上げると、それは直虎本人であった。

井伊に戻ったと見せかけてここに現れたのだった。政次を隠れ蓑にして身の安全を確保して襲撃をかわした事を報告した。

そして、今川からの下知に従なかった事を問われる直虎。

寿系尼が徳政を命ずると・・・

直虎「それは、私こそ、それにふさわしいと。後見とお認めとなっておられるということで?」

思わず政次が、虎松の生母、しのが直虎の後見を認めぬ事を申し付ける。
寿桂尼は当然、直虎の正当性への疑問を口にした。

そこに、また報告が入る。井伊から書状が届いたらしい。
字を習ったばかりの甚兵衛らからの、直虎の統治を願う嘆願状であった。

『瀬戸村、祝田村の民。直虎様の後見、伏してお願い奉りまする』

これに寿桂尼は衝撃を受け、ついに直虎を認める。

直虎は、まずは民を潤すことで井伊を潤し、そして今川を潤すことを約束する。

こうして、井伊直虎は井伊谷の領主となったのである。
直虎は安堵と喜びを胸に井伊に帰っていった。

おんな城主直虎15話-感想

意外とアッサリ虎松の後見を譲ったな~と思ったら、まさかの展開!!
直虎がこういう策を考えられるとはw

完全に直之かと思ったら、直虎なんだもんなぁ。
視聴者すらビックリさせるって相当です(笑)

それにしても、村人の必死の嘆願状には感動した。
南渓も良いこと思いつくもんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です