おんな城主直虎14話のネタバレ感想!【徳政令の行方】

13話では、徳政令問題で大変なことになってしまいましたね。
直虎の船出がかなり大変です(笑)

14話は、13話の続きで、徳政問題が続きます!

見どころとしては

・政次vs直虎
・方久が襲われる!?
・直虎の訴え

です!

ここでは、直虎の復習としてネタバレと感想を載せていきます!!

ネタバレを見たくない場合は、目次から感想に飛んでくださいね。

それでは、今回は、おんな城主直虎の14話【徳政令の行方】のネタバレ・感想を書いていきます。

おんな城主直虎14話-ネタバレ

委細を聞いて直虎は呆然とするしかなかった。
百姓らは祝田の蜂前神社の禰宜に相談を持ちかけ、今川家への徳政令の直訴を考えたらしい。

井伊家を飛びぬけて、今川が徳政を出せば、政次が瀬戸村と祝田村を治めることになってしまう。

これが、政次の狙いだった。

政次vs直虎

方久の読み通り、その頃政次は村の所領権を有する新野の娘としのに、徳政令の利潤を説き、自分に虎松の後見を任せれば村を返すと約束する。

次は直之、六左衛門である。評定の場で直之が吼えた。

直之は、政次の方に心が揺れていた。

紛糾する評定に政次が来た。
政次は今川からの下知を持ってきていた。

その内容は、井伊家から徳政令を出せと言うことであった。

政次は冷めた表情で、直虎に訴えた。

ここから直虎は考えていた策を言い始める。

直虎「発布、したいのはやまやまじゃが…。実はな…」

なんと、既に方久は、瀬戸・祝田の土地を龍潭寺に寄進したというのだった。

政次の表情が変わった。
直虎は南渓からもらった『仮名目録』を出した。これを読み、南渓と練った策であった。

直虎「これによると、確か寺領に関して『守護不入』とあったはず」

直虎は目録を指し示す。

仮名目録の隙を突いた策だった。

政次は、不満そうな顔をして退く。

政次が忸怩たる顔で下がっていった。

直虎は、徳政令を出してしまえば、瀬戸・祝田領地が、政次の領地になってしまうことを恐れたのだった。

直虎の見方は鋭い。徳政令の発布は領主の統治力低下を認めるようなもの。

直虎「今の井伊には金も無ければ人もおらぬ。なんとかするためには裸一貫から成り上がった方久のような者の才覚が、新しいやり方がいるのじゃ」

直之は、納得せずに、肩を怒らせて去っていった。

亀の抗議

あくる日、方久が瀬戸・祝田の村人に襲われてしまう。

そこに汚い字の置手紙あった。

『今川の徳政令を受け入れると記したものを神社に届けよ。さもなくば方久の命はない』

脅迫文のようだった。

直虎は、百姓らと話し合おうと一人、瀬戸や祝田の村に訪れていた。

だが、彼らはいなかった。
農民が耕作地を放棄して逃げる『逃散』である。
村中を走り回って疲れ果てた直虎は神社にやってきた。

境内の居間に台が置かれ、墨の入った硯と筆が置かれていた。
白い紙もある。徳政を認める一筆を迫るものであった。

直虎は諦めたように筆を取り、無念に震える腕で。徳政を認める一文を書いた。

次は証明のために日時を書く。
そこへ何故か一匹の亀が現れた。そのまま衆生の上に止まってしまった。
退かそうとするが、亀は動かない。

その亀に直虎は、直親を見た。

直虎「…これは違うか、亀…?」

亀は紙の上で動かない。直虎に抗議かのように首をもたげる。

直虎「そうか…。われも違うと思う」

書きかけた紙を引き出し、破った。
境内を出て帰る直虎の目に、育ちかけていた稲の苗を見つけた。

直虎と村人の和解

翌日、直虎は昊天、傑山、寺の僧らと瀬戸村に向った。
ある考えがあったからだ。

直虎たちは、村に合った苗を見つけて、田植えを始めた。
それを密かに見守る瀬戸の百姓らがいた。
それを見つけた直虎は、見覚えのある甚兵衛に声をかけた。

直虎「お主らの稲が育たねば、われらも困るからな。勝手だが田に入らせてもらった」

甚兵衛、直虎に怒鳴るが・・・

直虎「確かにわれは瀬戸と祝田を方久の土地にした。だがそれは井伊の借金を無くすためではない…。方久に年貢が入る。それをもってお主らの借金の返済を猶予できるのじゃ!」

直虎は、必死に村人の心に訴えかける。

直虎「『清風、明月を払う。明月、清風を払う』、風も月も対立するものではない。一体だという。まず村を潤し、それが方久を潤し、やがては井伊を潤す。われは皆とそんな風に井伊を作っていきたいと思っておる」

その言葉に、あぜ道にいた百姓が一人、また一人と直虎のいる田に入っていく。
田植えの手伝いをするつもりだ

そこに、どこからか見ていた六左衛門も加わった。
六左衛門は、直虎の言葉に感動して、田植えを手伝い始める。

その六左衛門の行動に、込み上げて来るものを堪えれる直虎であった。
六左衛門は勇んで田植えに加わって、泥まみれになった。

その姿を皆が笑って見守る。
さらに、そんな様子を何とも言えない表情で見ている政次がいた。

翌日、直虎は百姓らに改めて望みを訊いた。
彼らは口々に「字を教えてくれ」と言った。脅迫文を書くときも難儀したのであった。
直虎は南渓に頼むことにした。

同じ頃、祐椿尼は新野左馬助の娘、あやめとしのの説得をしていた。
それぞれに祐椿尼の所領と川名の一部を割譲することで納得してもらおうとしていた。

あやめは得心したが、しのは猛反対した。
彼女は直親の死を直虎の責任と、未だに恨んでいた。

祐椿尼の話など聞く耳を持たなかった。
また、下知を無視された今川もこれで黙っているとは思えなかった。

おんな城主直虎14話-感想

直虎が村人を説得するシーンは感動もの!!
直虎は、人に訴えかけることができることが強みですね。
柴咲コウも表情や仕草が、本当に心の底から言ってる感じが伝わります。

それにしても、直之は頭が固いwwあの大声がうるさいし(笑)

方久は頭が切れますな~
これからも方久の活躍が楽しみ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です