おんな城主直虎10話のネタバレ感想!【走れ竜宮小僧】

9話では、桶狭間の戦いで、今川家・井伊家共に大打撃になりましたね。

そして、政次が朝利を斬ってしまうという事態・・・!

10話では、政次の処分を決めていきます。

10話の見どころとしては

・政次の処分は?
・松平の妻、瀬奈の運命は?

です!

ここでは、直虎の復習としてネタバレと感想を載せていきます!!

ネタバレを見たくない場合は、目次から感想に飛んでくださいね。

それでは、今回は、おんな城主直虎の10話【走れ竜宮小僧】のネタバレ・感想を書いていきます。

おんな城主直虎10話-ネタバレ

政次の手当てをしながら、次郎は詳細を聞いた。どうも揉み合った末に誤って刺してしまったようであった。

次郎は、政次に対して、直親に正直に話すよう忠告した。

政次「義理とはいえ、小野はまたあいつの父を奪ったことになったのだぞ。いくらなんでも許すと思うか?」

次郎「これは竜宮小僧のつとめじゃ」

とここが自身の出番と、次郎は意気込むのであった。

次郎は、本当に世話好きですね(笑)そういうところが良いんでしょうけど。

なつの弁明

館では父を殺され、しのが叫んでいた。

しの「仇を討たせてくださいませ!」

朝利の嫡男、孫一郎も「小野を討つ!」と息巻いている。
直親を中心にこの事態に対応するべく、評定が開かれた。

そこに出家して祐椿尼となった千賀に付き添われ、朝利の娘・なつが小野の名代としてやってきた。

孫一郎「なつ!父上が殺されたのじゃぞ!それを小野の名代とは…」

なつは、元の原因は自分のわがままだと話し始めた。

そして、殿に「井伊の者たちをつなぐ架け橋になって欲しい」ということを自分の使命だとし、亥之助のことを考えて、政次を許すようにお願いした。

確かに父と母の家がいがみ合うのは亥之助にとっては辛いだけ。亥之助がさらに生きにくくなってしまう。

なつは本当にできた女だ!!しのとはまるで真逆ですね(笑)

しかし、父を殺された孫一郎は黙ってはいなかった。

孫一郎「しかし、小野が父を殺したのは事実。何の咎めも無し、というのはあまりにも!」

そこで、直親は政次をかばった。

直親「但馬は抜いておりませぬ。
壁のひくいところや床、尋常の争いならば有り得ぬところに刀傷が残っておりました。これは何故と思われますか?」

それは刀を振り回し、転んだ証であった。朝利は戦の傷が癒えきっておらず、足が不自由であった。

直親「但馬は身を守るため、仕方なく刺してしまったのだと思われます。義理の父の敵を討てぬのは口惜しいうかぎりでございますが、これを咎めることもまた出来ぬと、それがしは存じます」

これで一件は収まった。
直親は龍潭寺を訪れた。やはりそこに政次がいた。先のなつの来訪と弁明の裏には次郎がいたのだった。

政次は、直親に礼を言うが

直親「俺は信じたぞ、鶴。…これで検地のときの借りは返したからな…」
政次「養父上を、すまなかった」

そう言うと、直親は去っていった。

直親は良い男ですなぁ。直親と政次の仲は、良いのか悪いのかよくわからないw
2人とも一応力は認め合っていて、信頼はしてるのかな?

次郎は政次が朝利の霊を恐れているという噂を流し、政次自身に「奥山殿の霊がまだ成仏しておらぬ」と言って写経を勧めた。皆、政次は朝利の祟りを恐れていると見た。

そのような政次の行動を見て、次第に井伊と小野の遺恨は薄らいでいった。

瀬名の命運

年が明け、しのが出産した。男児であった。
井伊に待望の跡取りが生まれた。

井伊の館でお披露目が行われた。井伊家は久々の歓喜に沸いた。

特に直平の喜びようは人並みではない。『虎松』と名づけられた赤子を抱いてはしゃいでいた。

直平「お前は虎松じゃ!」
直親「虎は子を大事にするそうにございます。私も虎松もさようにあれかしと思うております」

さらに政次が現れた。しかもお祝いの持参品として、亡き父、政直が今川からという名目で管理していた直満の所領に関する覚書であった。それをお返しする、という。

直平「全て、虎松に返上するというのか!?」
政次「はい。天文十三年の井伊に戻したく存じます」

直満が駿府で討たれた年であった。その頃に戻りたいという気持ちの表れであった。

直親「心得たぞ。…以後もよろしく頼む!」

龍潭寺では次郎が、虎松誕生への感謝と報告を井戸の前にしていた。
その耳になにやら音が聞こえてきた。次郎は井戸に石を落してみる。

石が水に落ちた音がした。涸れたはずの井戸に水が戻ったのだ。

次郎「これはご初代様が虎松の誕生を祝ってくださったのかもしれぬ。虎松はきっと井伊を甦らせてくれる男になるのじゃ!」

松平の裏切り

その頃、桶狭間での敗戦に乗じ、本拠地である三河、岡崎城に戻っていた松平元康が今川に反旗を翻した。
氏真は怒り心頭であった。

三河の国衆は次々と松平に寝返り、元康はあろうことか義元を討った織田信長と同盟を結んだ。
駿府にいる元康の妻、瀬名とその子らに危機が迫っていた。

次郎は瀬名親子の安否が気がかりであった。

次郎「和尚様は心配ではないのですか?また佐名叔母上を見捨てるのですか?」
南渓「そんなことはお前に言われなくても分かっておる!」

しかし、次郎は瀬名のことを考えると矢も立ても居られなかった。龍潭寺を飛び出し、駿府に向った。

駿府で、瀬名が処刑されると聞いた次郎は、そのまま、以前力になってくれた寿桂尼の屋敷を訪れた。瀬名の助命懇願する次郎に寿桂尼の答えはつれないものだった。

寿桂尼「瀬名のことは聞き入れぬ。」

だが、次郎は引き下がらない。かつて瀬名からもらった文を出した。

次郎「これにお目通しください。今川への忠義にあふれた文にございます! 
夫はどうあれ、瀬名様は今川を心から思っております!」

そこに急報が入る。

三河の上之郷城が松平に落されたたという。城主の鵜殿長照は自害して果てたらしい。
その長照は寿桂尼の孫であった。

寿桂尼「長照は我が孫じゃ。…そなたもせっかく来たことじゃ瀬名に引導を渡してやってくれ」

寿桂尼は冷えた口調で恐ろしい事を言う。瀬名の処刑が決まったようなものであった。

そのまま今川館の奥座敷に放り込まれた。そこで囚われていた瀬名と再会した。

瀬名「そなたは…、おとわ?次郎、さま?」

久しぶりに見る友の顔であった。次郎は瀬名の手を取った。

次郎「瀬名殿、命乞いに来たのじゃ」
瀬名「私のために来てくださるお方がおるなど…」

涙ぐむ瀬名であったが、そこに今川の家臣が、明日の処刑を知らせる。近くの寺で自害させられることが決まったようだ。瀬名が告げに来た今川の家臣に叫ぶ。

瀬名「お待ちくだされ! 竹千代と亀姫だけはどうか、どうか、お慈悲を!」

懇願する瀬名を次郎は見つめるしかなかった。

おんな城主直虎10話-感想

政次がどうなるかと思ったが、直親がいてくれてよかった!
直親がいなかったら、政次がどうなってたことか・・・!

それにしても、井伊家はみんな短気だなぁ(笑)

次郎は瀬名まで助けに行くとはw

ここまで生きてられてるのが不思議なくらい、どこにでも顔を出しますなw

果たして瀬名はどうなるのか…?家康は助けに来ないのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です